2017 年 10 月 5 日

衛生士学校とコラボ実習♪

こんにちは :happy:
一気に秋が深まって寒いですね :sweat01: きゅっと体が引き締まる感じがします :oops:
そんな中、今年初のコラボ授業が実施されました :happy:
新大阪ならではの歯科医療を学ぶカタチ。のひとつ :flair:
新大阪歯科技工士専門学校と新大阪歯科衛生士専門学校とのコラボ授業です :heart01:
zentai










本校学生には患者の立場になり、口の中の検査(口腔内検査)、そして歯型とり(印象採得)を体験 :flair: g

fullsizerender

g1
歯科技工士さんにとって重要な「模型」の大切さを感じるための貴重な体験です。

学校実習では、ゴム枠に石膏を流せば失敗しても何度でも作り直すことができますが、実際のチャンスは一回だけ :sign02:
本日採った模型は今後の授業でフル活用します :eye:





衛生士学校の学生さんは、「石膏の扱い方」として、歯型をとったものに石膏を流す練習をしました。
歯科医療はチーム医療の連携がとても大切です。
石膏と水を正確に測ることを重点的にお話しさせていただきました。
setumei









歯科治療は歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士とがチームとなり、患者さんに最良の治療を行うことが求められています。
名前は似ていますが業務内容は全くことなる歯科技工士と歯科衛生士 :shine:
お互いの仕事内容の理解を深めることにより、歯科医療チームの一員としての自覚も芽生えてほしいと新大阪は考えています。
学生のみなさん :sign02: 応援してますよ~ :sign02: