News&Topics

2015.12.12

大鶴会のCAD/CAM

新大阪歯科技工士専門学校の開校は1976年。
その開校当時から講師としてご鞭撻いただいた大鶴隆先生は
歯冠修復を教えて下さっていました。
在学生だけでなく卒後教育でも多くのことを教えて下さり、
今はその教え子であった先生たちが
「大鶴会」として学生たちに歯科技工の技術を教えて下さっています。

今日はその大鶴会が主催する「CAD/CAM講習会」が行われました。
CAD/CAMは学生たちに大人気!
募集した25席が予約受付でいっぱいになり
講師の先生は13名も来てくださいました!!
学生たちは、
インスルメントの替わりにマウスを持ってクラウンを作りに挑戦です。

151212maekara

151212kero

151212-2nin

151212gamen

151212syuugou-1


先生たちの「もうそろそろ終わろうか」の声にも
「もうちょっと、もうちょっとだけっ」となかなか終わる気配なく
真剣に取り組む学生たち。

難しく手こずる部分もありましたが、
バーチャル(画面)の中にも、作り上げる達成感があったようです。